ウンベルト エーコ 『薔薇の名前』


 

2121 10103030

記号学の泰斗・ウンベルト エーコ=Umberto Eco が書いた世界中で大ベストセラーになった長編歴史ミステリーの話題作『薔薇の名前』。
読んでいると、なにかこちらが神経障害になったのでは―と不安になるくらい、その内容に叩きのめされるというか、精神が疲弊し、幻惑されてしまう。 エーコの専門であるヨーロッパの中世史、特に宗教史、当時の歴史観、それに記号論までを理解仕切れていないと、どうにもこうにも、その記述の真偽のほども評価できないわけだ。まあ、妖気が漂っているといっていい。

まやかしといえばまやかし以外のなにものでもないだろうし、エーコの『独善的な知的自己顕示』といえばそう。 とにもかくにも、ミステリーのネタの解読を楽しむどころの騒ぎでない。 こういった悪趣味のエーコの戯れに付き合うと、神経衰弱になること、請け合いである。 しかし、つくづく、世の中には、モノをよく知っている人がいるもんですねえ~。。。。

***********************************************************
写真: 記号学の泰斗・ウンベルト エーコ=Umberto Eco が書いた世界中で大ベストセラーになった長編歴史ミステリーの話題作『薔薇の名前』。 読んでいると、なにかこちらが神経障害になったのでは―と不安になるくらい、その内容に叩きのめされるというか、精神が疲弊し、幻惑されてしまう。 エーコの専門であるヨーロッパの中世史、特に宗教史、当時の歴史観、それに記号論までを理解仕切れていないと、どうにもこうにも、その記述の真偽のほども評価できないわけだ。まあ、妖気が漂っているといっていい。 まやかしといえばまやかし以外のなにものでもないだろうし、エーコの『独善的な知的自己顕示』といえばそう。 とにもかくにも、ミステリーのネタの解読を楽しむどころの騒ぎでない。 こういった悪趣味のエーコの戯れに付き合うと、神経衰弱になること、請け合いである。 しかし、つくづく、世の中には、モノをよく知っている人がいるもんですねえ~。。。。

This entry was posted in コーヒーブレイク, 国際教養考, 教育・心理学, 文化. Bookmark the permalink.

2 Responses to ウンベルト エーコ 『薔薇の名前』

  1. Very interesting information!Perfect just what I was searching for! Tiffany Knock Offs Increasing Acceptance Even In H http://www.gxpumu.com/plus/view.php?aid=32986

  2. Merrie Dols says:

    Hey mate, This was a great post for such a difficult subject to discuss.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です